葬儀の服装

葬儀の際、不安になるのがどのような服装で行くかということです。やはり失礼にならないようにきちんと服装は気を遣う必要があります。一般的には喪服が選ばれますが、実は平服であっても場に応じたものであれば問題はないとされています。服装を選ぶ基準としては個人への哀悼の意を表すことが大切でありもっとも優先するべきことです。そのため遺族でなければ通夜も告別式も地味な服装であれば問題ないとされています。特に通夜は急に駆けつけることになる場合もありますから、喪服でなくても問題ありませんし、失礼と思われることもありません。

本来喪服は遺族と近親者が喪に服していることを意味するためのものです。そのため遺族は必ず喪服を着用するのが基本ですが、一般の参列者はそこまでの必要はないとされています。とはいえ、やはり平服で参列するのは不安です。周囲が皆葬儀に喪服の中で平服を着用して参列すると目立ってしまいます。そこで、男性は地味なスーツと黒のネクタイ、黒の靴というのは徹底しましょう。女性も地味な色のスーツやワンピースが基本です。色も黒や黒に近いトーンのダークグレーなどが選ばれます。男性は会社のロッカーやカバンの中に黒のネクタイを用意しておくと、急な葬儀でも慌てず参列することができるのでおすすめです。

大切なのはご遺族の気持ちに寄り添うことです。そのため、服装というのはお悔やみの気持ちを伝える一つのツールにもなります。ですからその場に応じてできるだけ最大限相手に気持ちが伝わる服装を心掛けましょう。そのためにも、社会人になったら基本的な喪服はそろえておくべきですし、喪服で葬儀に参列した方が気持ちは伝わりやすいです。