葬儀の豆知識

葬儀という言葉の意味とは

葬儀という言葉の意味とは 葬儀とは何かということは意外と知らない人が多いです。人が亡くなって火葬までのすべての儀式を意味する場合もありますし、お通夜の翌日に行われる式のことを意味することもあります。どちらも間違っていません。二つの意味合いがあり、人によってどちらを指しているかが違ってくるのできちんと理解しておくことが大切です。

ただ、葬儀と書かれている案内を見た際、どちらを意味しているかが分からないと困ることもあります。たとえば、葬儀への参列を断るお知らせ状があります。これは家族や近親者のみで執り行いたいという気持ちがあるために書かれるものです。これだけを見ると正直はっきりしたことはわかりません。通夜にも参列をしてはならないのか、通夜は参列していいのかは喪主や親族の判断によって異なります。そこで、お知らせ状に書いている日時や場所を確認するとわかりやすいです。通夜の日程や場所が書かれているという場合には通夜のみ参列をして問題ないということになります。もしもお知らせ状に日程や場所が何も書かれていないという場合には、すべて家族のみで行いたいという意思であり参列は遠慮した方がいいと理解しましょう。

また、葬儀は13時から、ということが書かれている場合には最後のお別れまでできると認識されがちです。しかし、地方によっては先に火葬をしてしまうことがあります。そのため、この指示通りに会場に足を運ぶと最後に顔を見られず、すでにお骨になった状態でお別れをしなければならなくなることもあるので注意が必要です。もしもその土地の風習に詳しくない場所で参列するという場合には、先に火葬がされるのかどうかを確認しておくことが大切です。

最近では家族葬というスタイルも増えています。これは名前の通り家族のみで行うのが基本です。そのため、家族葬です、という旨がお知らせ状に書かれている場合、家族やごく限られた近親者のみで執り行うので、呼ばれていない限り参列をすることができません。

血縁者でも親しくないと呼ばれないという可能性があります。逆に血縁者でなくてもとても親しくしていた人であり、故人が生前参列して欲しいと遺言等を残していた人に対しては声をかけられることがあります。家族葬と書かれている場合には個人的に声をかけらえることがほとんどなので、家族葬であるというお知らせを受け取ったら、後日お参りさせてもらってお別れをするようにしましょう。人によっては後日お別れ会が開催されることもあります。

最新のお知らせ

  • [2019年06月13日]
    ホームページを更新しました。

  • [2019年06月13日]
    運営者情報を追加しました。